株式会社長野セルトップ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
日本のパンジー(F1品種)の発祥の地から発信

 「苗半作」と言われるように、農業を営む上で育苗は多大な労力がかかる上に、苗のでき具合によりその後の収穫の品質が大きく左右されてしまう重要な作業です。
私たち長野セルトップは(株)サカタのタネとの技術提携による最新の育苗システム、またセルトップ苗を初めとするオリジナル商品の開発により、苗に関する様々なニーズに応えております。苗を通じて農業の更なる展開に貢献すべく、(株)サカタのタネと共に歩みつづけております。

MPS

 

MPSとは 花きの生産業者と流通業者を対象とした、花き業界の総合的な認証システムです。花き先進国オランダで環境負荷低減プログラムとしてスタートしました。2004年に花き流通業のISOと呼ばれる認証システムFlorimarkと合体、さらに、EurepGAPのベンチマーク認証となり、鮮度・品質保証、労働環境と認証の幅を広げています。現在、世界約55カ国、4000団体が認証を取得しています。 

取扱い製品案内 (セルトップ苗)
サカタのタネオリジナルのセル成型苗です。播種〜育苗をセルトップが代行することにより、均一でスムーズな生育が約束されます。


詳細はこちら

弊社ホームページへのお客様の声(感想、ご希望、アイデア等)をお聞かせ下さい。
お問合せ先:
nagano-info@celltop.jp
 
Copyright(C)2006 NAGANO-CellTop,Inc All Rights Reserved. Produce by sukikosojouzu.